アワビ陸上養殖の適地1 ~海面との高低差を少なくする~

2016.10.08(14:21)
アワビ養殖施設と海面との高低さ
和丸水産のアワビ養殖施設 前面の様子


アワビを陸上養殖する場合、適地があります。

その一つは、海面と陸上養殖施設の高低さがあまりない所です。
それは、取水の際にかかる電気代が少なくて済むからです。

この電気代は毎月固定コストとしてかかりますので、非常に重要です。
和丸水産のアワビ養殖施設では、高低さが最短1m程になります。

これだけの情報からすると、潮位変動の少ない日本海近郊にて施設を作れば良いとも思えますが、総じて水温が低くなりアワビの成長率が下がりますので、複合的に考えることが必要です。

もと

スポンサーサイト
<<アワビ陸上養殖の適地2 ~大きな川を避ける~ | ホームへ | テレビ局に超巨大サザエが売れました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://awabitan.blog.fc2.com/tb.php/87-4584d465
| ホームへ |
プロフィール

和丸水産のもと

Author:和丸水産のもと
 
和丸水産の三男(もと)は、大阪の自然環境調査会社で勤務中!

環境関連の知識をフル活用して、実家で行うアワビ養殖の現状、アワビの全国ニュース、環境問題等についてお伝えします!

あわび・さざえの通販はこちらで↓

和丸水産本店

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク
アクセスカウンター

since 2013/9/14