アワビの稚貝の性質

2016.09.20(12:59)
成長中のアワビ稚貝
成長中のアワビ稚貝


アワビも人間と同じで、遺伝的な特性があります。

和丸水産では、日本各地(愛媛、九州、東北)で稚貝をこれまで購入してきましたが、どこも傾向はほぼ同じです。

具体的には、下記の様になります。
①成長が早いエリートアワビ 5%
②標準的な成長率(2~4mm/1ヶ月)のアワビ 45%
③低レベルな成長率(0~1mm/1ヶ月)のアワビ 50%

上記の③は、廃棄レベルのアワビです。
40~50mm程度で成長が止まってしまいます。

ですので、斃死率は別にして、出荷したいアワビの数量に対して、2倍の稚貝を育てる必要があります。
これを間違えると経営が破綻します。

アワビ稚貝の裏話でした。

もと
スポンサーサイト
<<アワビの餌の転換率の実際 | ホームへ | 第4回アワビのプレゼント企画 ご当選者発表!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://awabitan.blog.fc2.com/tb.php/77-4149d0a5
| ホームへ |
プロフィール

和丸水産のもと

Author:和丸水産のもと
 
和丸水産の三男(もと)は、大阪の自然環境調査会社で勤務中!

環境関連の知識をフル活用して、実家で行うアワビ養殖の現状、アワビの全国ニュース、環境問題等についてお伝えします!

あわび・さざえの通販はこちらで↓

和丸水産本店

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク
アクセスカウンター

since 2013/9/14