FC2ブログ

2016年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 与侈港の変状調査(05/31)
  3. アワビの餌やり(05/30)
  4. アワビにも目がある(05/30)
  5. アワビの肝ソースに、フルーティな白ワインは合わない(05/30)
  6. <竹島>仰天「アワビ375キロ」 漁業のメモ発見 県対策室「実態知る重要な資料」 /島根(05/27)
  7. アワビの貝殻の使い方(05/24)
  8. 佐賀県 太良町商工会 アワビ水槽で試験養殖(05/23)
  9. 第1回 アワビのプレゼント企画(05/19)
  10. htmlでクローム(Chrome)だとページ内ジャンプしない場合の修正方法(05/16)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

与侈港の変状調査

2016.05.31(17:34)
今回は、僕の本業に関わる内容です。
港の変状調査(点検)状況です。

業務で実施した場所なら守秘義務がありますので、こんなことは出来ませんが、
なんせプライベートの趣味ですから(笑)。気になって撮影しただけですから(笑)。

ニュースでよく、トンネルや公園の点検などと言われていますが、
そんなものの一例と、ご理解下さい。

ほくそえむカイ
同業者の方は、こちらのカイのようにほくそ笑んで下さい。
実際見られても困るけど。

風車と与侈港
調査した場所は、愛媛県与侈港。
僕の地元。絶好の釣り場。

与侈港1
与侈港の風景。上部の斜面には家が建っています。

与侈港2
比較的新しい防波堤。ワーロック 直立消波工で作られています。
この形が波を打ち消し、テトラポッドを置く手間が省けます。

与侈港の変状1
防波堤の欠損箇所。剥がれたコンクリートはどこ行った?

与侈港の変状2
防波堤の欠損とひび割れ多数。

与侈港の変状3
防波堤の欠損箇所。ここも剥がれたコンクリートはどこ行った?

与侈港の変状4
防波堤に走る巨大なひび割れ。
海と水平に走っているので、かなりの波を受けた模様。
実際冬の時化や台風になると、波が当ってどーんと聞こえます。

与侈港の変状5
上の写真の近景。ひび割れがひどい。

与侈港の調査スパン番号1
調査スパン番号。
切れ目(目地)ごとに番号を振って、3番はOK、4番はダメ等と判定します。

与侈港の調査スパン番号2
調査スパン番号。
船からも調査出来るように、側面にも番号を振っています。
(歩く場所にだけ番号を振ると、側面から見えませんね)


港に行ってこんな番号が書かれていたら、調査をしたと言うことです。
公の仕事ってあんまり目に付かないですが、こんなことやってます。

場所によっては、水中部に潜水士を入れて調査するんですよ。
世の中の裏方仕事でした。

スポンサーサイト

アワビの餌やり

2016.05.30(14:28)
アワビの餌やりの様子です。

和丸水産では、アワビが泣いて喜ぶ「アワビ専用の美味しい餌」を与えています。
多種の海藻をミックスした、栄養満点の餌をアワビ「せと姫」は食べて
どんどん大きくなります。

人間が食べても美味しいアワビの餌
アワビ専用の美味しい餌

アワビの餌計量中
餌の計量中~♪

アワビの餌やり
アワビの密度に合わせて餌やり

もと

アワビにも目がある

2016.05.30(13:26)
アワビの目

アワビにも目があります。
たまたま撮った水中写真に映っていました。

突き出た触覚の横にある黒い点が、アワビの目です。
目と言っても見えてはおらず、光を感じる程度らしいです。

う~ん、ネットで探してもアワビの目の写真はほとんどないので、こちらで堪能して下さい(笑)。
やっぱりアワビがリラックス出来る環境だと、良い写真が撮れるのでしょうか?

もと

アワビの肝ソースに、フルーティな白ワインは合わない

2016.05.30(11:55)
タイトル通り。

アワビの肝ソースにフルーティな白ワインは合わない、と料理のプロに教えて頂きました。
⇒ miacucinaさんの料理教室

そうなんですね、確かに肝は一歩間違うと生臭さ全開。
食通の方ならご存知なんですかね?

もこみちさんも知ってるんでしょうか。

もと

<竹島>仰天「アワビ375キロ」 漁業のメモ発見 県対策室「実態知る重要な資料」 /島根

2016.05.27(14:36)
毎日新聞 2016年05月27日12時50分

今より80年前の1936年頃、竹島周辺にて1人の漁師が1日300~400キロのアワビを獲っていたそうです。
漁法が書かれていないのですが、素潜りだったのでしょうかね?

実際愛媛でも、そこら中にアワビがいた頃があったとか。
でも今では1人1日頑張っても4~5kgのようです。
だって、アワビがいない、、、

これまで獲りすぎたこともありますが、海藻がどんどんなくなる「磯焼け」も大きな問題です。
各県が失われた自然を取り戻そうと漁礁を入れたり、海藻を植えたりしていますが、大きな成果は出ていません。

ただ大阪周辺の水質は綺麗になって、今ではなんと大阪湾でアワビが獲れるようになりましたよ。



↓以下、本文

県は、男性漁師が竹島(隠岐の島町)での戦前の漁業の様子を記したメモ「ランコ行き」が見つかったと発表した。竹島は地元ではランコと呼ばれていた。メモにはライバル漁師との競争で「アワビを375キロ取った」との記述もあった。県竹島対策室は「昭和初期における竹島漁業の具体的な実態のわかる重要な資料」と評価する。

 県などによると、メモは隠岐の島町久見地区の漁師、八幡伊三郎さん(1894〜1988年)が残した。記憶を元に1970年代に記したとされ、ノート大の紙の表裏にペン書きされている。町が4月、八幡さんの家族から2014年に寄贈された資料に挟まれているのを発見した。

 八幡さんは1936〜38年に計4回、竹島へ出漁。記録には、他地区の漁師とアワビ取り対決をして勝ったことや、ワカメの長さが200センチ以上あったことなどが記されている。漁師対決では2人で1日計600キロのアワビを取ったとの記載があるが現在、久見地区ではアワビは1日10キロ取れれば豊漁という。アワビについては「塩ナク」との記載があり、保存用の塩が無くなるほど豊漁だったことが推測できるという。

 地元で漁師歴約40年の前田芳樹・同町議(64)は「当時の竹島周辺は、岩に重なるようにアワビが密集していたとの言い伝えがある。八幡さんは、すご腕と聞いていたが改めて数字を知ると、驚くしかない」と話した。【長宗拓弥】

アワビの貝殻の使い方

2016.05.24(11:51)
アワビの貝殻はこうやって使います。

アワビの貝殻(大)
大サイズのアワビの貝殻です。
内側がき・れ・い☆
(表現が古いのは勘弁してください)

アワビの貝殻(大)に刺身
貝殻(大)に刺身!
美味しそう。ちょうど1人前位かな。

アワビの貝殻(大中)に刺身
貝殻(大・中)に刺身!
貝殻(中)には刺身が3切れ入りで、ちょっと少ないかな。

アワビの貝殻の飾り1
アワビとヒオウギ貝等の貝殻
僕が作成。嫁さんからの評価低く、30点
何か今ひとつらしい

アワビの貝殻の飾り2
皿に盛ってみた
僕が作成。嫁さんからの評価低く、20点
詰めすぎらしい

アワビの貝殻の飾り3
本気出した
20歳の誕生日に、ニュージーランドでもらったバンジー羊を投入
(羊をひっくり返すとメェ~って鳴く可愛いやつ)
僕が作成。嫁さんからの評価うなぎ上り、60点

アワビの貝殻の飾り4
嫁さん作成
元花屋(日○谷花壇)だけあって、まあ良いんちゃう?
悔しいので羊と同じ60点

アワビの貝殻に石鹸1
洗面所に貝殻(大)と石鹸

アワビの貝殻に石鹸2
貝殻(大)なら普通に使う大きさの石鹸が入ります
気分は南国風?

アワビの貝殻にカギ
貝殻(大)にカギ
ゼリーみたいな青い玉を入れると、キ・レ・イ☆

【出演】
アワビの貝殻(大)
アワビの貝殻(中) 
バンジー羊

佐賀県 太良町商工会 アワビ水槽で試験養殖

2016.05.23(12:34)
佐賀新聞 2016年05月17日 23時15分

佐賀県で和丸水産と同じく、アワビの陸上養殖を進められています。

ただ、「20ミリから出荷の目安となる70ミリまで育てるには半年ほどかかる」とありますが、まずありえないですね。
20mm ⇒ 70 mm 6ヶ月間で
となると、1ヶ月あたり8.3mm成長しないといけませんが、まず無理ですね。
一般では、アワビの成長率は月間2~3mmあれば良い方です。

まあ、テレビで正月等に発表される市場のセリの金額報道についても、現場から大きく異なる高値が発表されますので、こんなもんだと思って聞いたり見たりした方が良いですね。
これは特にふぐ漁をやっている時に思いました。
※うちがテレビに出た時も、多分印象が良くなるように伝えられていると思います(笑)。

↓以下、本文
高級食材のアワビを陸上で養殖する試みが、藤津郡太良町で進められている。海況に左右されることなく、年間を通して供給できる強みを生かし、カニやカキに続く特産品にする狙い。温度管理をしたコンテナに有明海の海水を入れた水槽を設け、稚貝を育てている。

 試験養殖に取り組んでいるのは、太良町商工会の有志で2014年度に立ち上げた「あわびの陸上養殖研究会」。愛媛県などアワビ養殖の先進地を視察して技術を学び、15年度までは町の補助も受けている。

 養殖には、トラック用の保冷庫を使用。中にはアワビを入れる水槽や、サンゴを入れたろ過装置があり、有明海で採取した塩分濃度約30%の海水が循環する仕組みになっている。室温は空調設備で管理している。

 品種は純国産のエゾアワビで、20ミリや50ミリの稚貝を業者から仕入れる。20ミリから出荷の目安となる70ミリまで育てるには半年ほどかかるといい、試験を重ね、仕入れに適したサイズや管理方法を見極めている。

 アワビの提供先としては、町内のカキ小屋や温泉旅館を予定しており、研究会の峰松弘会長(60)は「町内で提供でき、ふるさと納税の返礼品にも活用できる。養殖が軌道に乗り太良の第3の特産品になれば」と期待している。

第1回 アワビのプレゼント企画

2016.05.19(10:26)
第1回 アワビのプレゼント企画を実施しました。

商品は、活アワビ(大大) 5個セット×3名様
期間は、4月26日~5月15日。

詳細:第1回アワビのプレゼント企画

約1,000名のご応募を頂きました。
う~ん、多いな。
0.3%の当選率ですね。

ご当選者には当選メールをお送りしました。
おめでとうございます! で始まる文です(笑)。

近々2回目のプレゼント企画も考案中です。
ぜひご応募下さい。

もとき

htmlでクローム(Chrome)だとページ内ジャンプしない場合の修正方法

2016.05.16(13:30)
ブラウザ、多すぎですよね。

作成したページをよくよく確認してみると、エクスプローラーではページ内ジャンプが正常に作動している。
けど、クロームだと全く動かない、、、クリックしても飛ばない。

ネットにある修正方法を試しても今ひとつで直らない。
「動かないよ」などとお客様等から教えてもらえるのはまずありえず、何らかの機会損失につながっている場合があり勿体無い。

前置きは以上にして、以下の方法で修正できます。

【修正前】 ○エクスプローラー、×クローム
<a href="#test1">ジャンプテスト</a>
<a id="#test1"></a>
・・・
※これでもエクスプローラーなら動きます。

【修正後】 ○エクスプローラー、○クローム
<a href="#test1">ジャンプテスト</a>
<a id="test1"></a>
・・・
※a idの#を外すだけです。単純な分、気付きにくいです。

これでエクスプローラ以外でもユーザビリティを上げていきたいですね。

もとき
| ホームへ |
プロフィール

和丸水産のもと

Author:和丸水産のもと
 
和丸水産のもとは、大阪の自然環境調査会社で勤務中!

環境関連の知識をフル活用して、アワビ養殖の実態、アワビの全国ニュース、環境問題等についてお伝えします!

※写真は和丸水産代表です。

あわび・さざえの通販なら↓

和丸水産本店

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク
アクセスカウンター

since 2013/9/14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。