FC2ブログ

アワビ全般

  1. アワビの箱に、酸素注入!(12/19)
  2. 発送に次ぐ発送。アワビよ、届け!(12/12)
  3. NHK朝ドラ「まんぷく」で有名! カップヌードルミュージアム(大阪池田)にアワビの影(11/30)
  4. 足の先端まで残った、乾燥アワビ(10/14)
  5. 大雨で、天然アワビ不漁(涙)(07/18)
次のページ

アワビの箱に、酸素注入!

2018.12.19(18:04)
相変わらず、アワビの発送が続いております!
皆様、たくさん買って頂いてありがとう!

おかげさまで、和丸水産は何とか存続しています。

さて、本日はプロ機材のご紹介です。

酸素注入器具
アワビの箱に入れる酸素注入器具(非売品)

え? 酸素??
と思われたかと思います。

これは、アワビに直接かけるのではなくて、アワビと同封する海水に注入します。
発送前にこの作業をすることで、アワビがより元気に皆様のお手元に届きます。

もちろん、酸素の他にラブも注入しています(愛媛県なので)。

企業秘密と言えば秘密なのですが、どのくらいの注入量が適量か、などの技もありますのでお知らせしました。
大体のプロはこれをやっています。

さあ、アワビをどんどんお届けしますので、どんどん買って下さいね(笑)。
和丸水産の美容アワビ、美味しいです。

もと

スポンサーサイト

発送に次ぐ発送。アワビよ、届け!

2018.12.12(20:02)
アワビの梱包状況(2018年12月)
積み上げられたアワビ達

アワビを発送して、発送して、お客様にお届けしております。
特に12月は、毎日毎日、日本各地へびゅ~んです。

今日はその数、36箱。
商品を間違えないように梱包するのが大変でした。

北は北海道から南は鹿児島まで。
北海道では、その地にほとんどいないサザエに人気があります。
もちろん和丸水産のアワビ「せと姫」もですね。

当店の代表と長男が丹精込めてパッキングしております。
愛媛から愛情込めて送ってますよ~。

どうか受け取って~??
違うか。

もと

NHK朝ドラ「まんぷく」で有名! カップヌードルミュージアム(大阪池田)にアワビの影

2018.11.30(21:34)
え!?

何でカップヌードルにアワビなの? と思われたかと思います。
カップヌードルにアワビが入っている、などと言う夢の様な話では残念ながらありません。

夏ごろに、大阪池田の当ミュージアムに行った時の話です。

こちらで有名なのは、チキンラーメンファクトリー。
ラーメンの具を数種類調合して、自分好みのオンリーワンのカップヌードルを作ることができます。
カップの外側に好きな絵や文字も書くことができ、めちゃくちゃ楽しいですよ。

そこで館内を歩いていると、鳥小屋を見つけました。

鳥小屋外観
鶏小屋外観

普通の鳥小屋ですが、よく見ると上の写真の鶏の頭くらいに何か見えます。
アップにすると? ↓

鳥小屋に吊るされたアワビの殻
鶏小屋に吊るされたアワビの貝殻

ということで、こんな所にアワビの貝殻があったんですよ。
周りの人には、僕は何をしているのかと思われていましたね。
間違いないですね。

なんで???
と思ったので調べると、昔は狐やイタチ避けとして置かれていたとか。
でもあんまり効用がなかったらしい。

僕はまんぷくを見ていないので(純と愛にて、そのストーリーに仰天して朝ドラはまんぷくになりました)、
もしこんなシーンがまんぷくに出てきて、アワビまで再現されていたらNHKはすごいと思います。

どなたかもし見られましたらご連絡下さい。
多分、昔の人には当たり前だったのでしょうが、次世代に通じないこと、たくさんあると思いました。

まだ展示があるかどうか分かりませんが、ぜひアワビの雄姿を見て下さい!

もと

足の先端まで残った、乾燥アワビ

2018.10.14(22:03)
和丸水産では乾燥事業を進めています。

アワビにナマコ。
中国へも輸出しています。

足の先端まで残った乾燥アワビ
足の先端まで残った、乾燥アワビ

技術はどんどん進み、本場中国でかなりの評価を頂いています。
和丸水産の乾燥部では、日本全国8拠点で乾燥工場があります。

あまり宣伝はしていないのですが、方々から問い合わせが増えており、ありがたいことです。

お気軽にお問合せください。
kazumaru@setohime.com

大雨で、天然アワビ不漁(涙)

2018.07.18(19:53)
大雨が続きましたね。

我らが愛媛県でも、大洲市や宇和島が水没し、心痛ましい状況となっております。
和丸水産自体は、特に大事はなかったのですが、雨で泥水が海に流れ込み、現在天然アワビが不漁となっています。

何とかアワビをかき集めている状態です。
和丸水産水槽内にある養殖アワビは至って元気なのですが、周囲が見たことのない災害に巻き込まれると悲しくなりますね。

亡くなられた方のご冥福を祈りつつ、我々も前を向いて進んで行きます。

もと

| ホームへ | 次ページ
プロフィール

和丸水産のもと

Author:和丸水産のもと
 
和丸水産のもとは、大阪の自然環境調査会社で勤務中!

環境関連の知識をフル活用して、アワビ養殖の実態、アワビの全国ニュース、環境問題等についてお伝えします!

※写真は和丸水産代表です。

あわび・さざえの通販なら↓

和丸水産本店

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク
アクセスカウンター

since 2013/9/14