FC2ブログ

雑談

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 3/28放送のガイアの夜明けの影響か?(03/29)
  3. お歳暮を贈る人が、30年前の3割にまで減る(12/03)
  4. 弱小企業が無料でメディアに取り上げられる方法(10/31)
  5. 第2回 アワビのプレゼント企画 当選者発表!(06/30)
  6. 広島の あっかんベー猫(06/20)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

3/28放送のガイアの夜明けの影響か?

2017.03.29(15:56)
昨晩22時頃より、アワビの養殖方法のページが爆発的に閲覧されていました。

何だろうと後で解析すると、

2017年3月28日(火) 22時00分~22時54分 放送
ガイアの夜明け【日本初の“宝の食材”を生み出す】

が原因のようですね。

内容を見ていないので伝聞からの推定になりますが、
まず和丸水産の養殖方法では、匂いは問題になりません。

しかも他でも述べていますが、循環式の陸上養殖はまず上手くいきません。
始めは上手くいっても途中で水質バランスが崩れます。

更に、アワビの糞や餌カスの一部はナマコの餌にしていますので、
それを循環的に生かす方法を模索する方が重要と考えます。

放送の内容を見ていないのでただの所感です。
アワビ養殖がこんなにも注目されていると感じた一件でした。

もと
スポンサーサイト

お歳暮を贈る人が、30年前の3割にまで減る

2016.12.03(01:51)
お歳暮を贈る人が減ってきたそうです。今では、30年前の3割のみが贈っているとか。
つまり、7割減。

和丸水産では幸い、たくさんのご注文を頂いておりますが、これから年々減っていくんでしょうか?

販売数量から逆算して、生産数量をシビアに考えないといけません。
アワビは機械ものと違って生き物なので、保存がきかないのが最大の難点です。大勢の方は活きあわびをお求めです。

まあ和丸水産では、今よりも更にアワビを宣伝するしかないかと思っています。
本当に養殖業は生産能力よりも販売能力がいりますね。誰かうちのアワビを宣伝して下さい(笑)。

もと

弱小企業が無料でメディアに取り上げられる方法

2016.10.31(12:55)
我々、和丸水産は弱小も弱小。家族で経営しているだけですが、過去5年間で、テレビ、雑誌、ラジオなどのメディアに10回以上取り上げられました。

その方法は!?

実は、こちらからはなにも営業していません。
驚きですよね、何もアタックしていないのに、向こうからやってきてくれるんです。なので、もちろん営業経費は無料です。

ただ一つ、僕が力を入れていることがあります。
それはネットショップにひたすら情報を書き込み、案内すること。
当店のアワビの特徴、アワビのウンチク、保存方法、美味しいアワビの選び方など、どんどん追加しています。

これにより、「アワビ 通販」などで検索すると、和丸水産が楽天の次に表示されるようになりました。
一時期楽天を越え、1位表示の時もありましたが、今ではどんなに頑張っても楽天の倒し方が分かりません。
多分、ナマコや牡蠣等を多角的に扱うようになって、当店のアワビに対するグーグルの評価が下がったのかな?
とは思います。

話がそれましたが、そのように上位表示されるようになって、各社さんから掲載や取材依頼が来るようになりました。
ありがたい!

なので、高度な養殖技術を身に付け、他にないものを作り、ネットで宣伝していれば声がかかります。

こちらから仕掛ける無料の方法の一つに、プレゼント企画として使用してもらえるよう、メディアに案内することもできます。
弱小企業は宣伝してなんぼですよね。僕も広告費をかけずに宣伝したい。

もと

⇒弱小企業が無料でメディアに取り上げられる方法の続きを読む

第2回 アワビのプレゼント企画 当選者発表!

2016.06.30(13:51)
第2回 アワビのプレゼント企画の、ご当選者を発表致します!!

愛知県のY様
和歌山県のT様
東京都のK様

以上の3名様になります。
現在、第3回 アワビのプレゼント企画 を実施しておりますので、ぜひご応募下さい。

ご当選者の皆様、おめでとうございました!!

広島の あっかんベー猫

2016.06.20(11:22)
広島に住んでいた頃に行った、とある港での現場。
猫ちゃんいっぱい! 近づくと、あっかんべーされてる、、、

広島のあっかんべー猫1
怒りかけ?

広島のあっかんべー猫2
近づいたら、あっかんべー、、、

広島のあっかんべー猫3
離れてもあっかんべー。


現地では全然気付きませんでしたが、写真をよ~く見ると、ベロの一部の表面がなくなってます。
何かを食べた結果か、病気か?

港や川で現地調査をしていると、釣り糸がクチバシに付いたまんまの鳥もいます。
取ってあげたくてもすぐ逃げていきます。

人間のゴミが悪さをしてい場合があります。
僕も気をつけようと思いました。

ただ単に、可愛い写真というわけではなさそうだ。

| ホームへ | 次ページ
プロフィール

和丸水産のもと

Author:和丸水産のもと
 
和丸水産のもとは、大阪の自然環境調査会社で勤務中!

環境関連の知識をフル活用して、アワビ養殖の実態、アワビの全国ニュース、環境問題等についてお伝えします!

※写真は和丸水産代表です。

あわび・さざえの通販なら↓

和丸水産本店

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク
アクセスカウンター

since 2013/9/14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。